ドイツのバイエルン州立銀とウェストLB、合併の可能性を検討

金融危機時に政府支援を受けた ドイツの州立銀行、バイエルン州立銀行とウェストLBは、合併の可 能性を検討していることを明らかにした。

両行は20日、ウェストLBとバイエルン州立銀が合併すれば、 「ドイツ国内で最も重要な経済活動の中心であるノルトライン・ウェ ストファーレンとバイエルンの両州を基盤とする堅固で競争力を持つ 企業金融機関となる可能性がある」との共同声明を電子メールで配布 した。

ショイブレ財務相は先週、ドイツの州立銀行8行が抱える問題の 解決に向け、取り組みを強化する考えを表明した。国際決済銀行(B IS)バーゼル銀行監督委員会が銀行の新たな資本規制で合意したこ とで、こうした問題の解決が一段と急がれている。