米住宅市場指数:9月は09年3月来の最低

9月の米住宅建設業者の景況 感は1年半ぶりの低水準にとどまった。政府による税控除措置の 終了後、住宅市場の落ち込みが継続していることを示している。

全米ホームビルダー協会(NAHB)とウェルズ・ファーゴ が20日発表した9月の米住宅市場指数は13と、前月から変わら ず。これは2009年3月(9)以来の最低水準。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト調査の中央値では14への上昇 が見込まれていた。同指数で50を下回ると住宅建設業者の多くが 現況を「悪い」とみていることを示す。

一戸建て販売の現況指数は13、また向こう6カ月の一戸建て 住宅販売見通し指数は18と、いずれも前月から変わらず。購買見 込み客足指数は9と前月(10)から低下し、09年3月以来の最低 水準となった。

スタンダードチャータード銀行のエコノミスト、デービッ ド・シーメンス氏(ニューヨーク在勤)は、「住宅市場の成長を促 す力を探すのは難しい。雇用情勢の悪化を背景に人々は守りの姿 勢を強めている」と述べた。

ックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE