アジア株:上昇、利益成長見通しが支援-消費・ハイテク株が高い

20日のアジア株式相場は上昇。企 業の利益成長は米景気が減速しても影響を受けないとの兆候が手掛か り。

MSCIアジア太平洋指数(日本を除く)は香港時間午後3時19 分(日本時間同4時19分)現在、前週末比0.4%高の436.49。日本 市場は敬老の日の祝日で休場。

INGインベストメント・マネジメントのフィリピン部門最高投 資責任者(CIO)、ポール・ジョゼフ・ガルシア氏は「アジアの企業 と経済のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)は極めて強いとの認識 から、同地域はファンド資金の再配分による恩恵を受けている」と指 摘した。

半導体ファウンドリー(受託生産)世界最大手、台湾の台湾積体 電路製造(TSMC)や中国の自動車メーカー、比亜迪(BYD)が 上昇。中国のビール醸造会社、青島ビールも高い。一方、インドネシ アの天然ガス会社、ペルサハーン・ガス・ネガラを中心に公益株は下 げている。