中国:閣僚級の交流停止、船長の拘置延長で-必要なら「強硬」措置

中国漁船衝突事件で中国人船長の 拘置延長が決まったことを受けて、同国政府は日本との閣僚級の交流 を停止するとともに、必要なら「強硬」措置を取ると表明した。

中国外務省は19日、同省ウェブサイトに発表した声明で、日本政 府は船長を無条件に釈放すべきだと要求。一方、国営テレビは、両国 関係が「深刻な打撃」を受けたと報じるとともに、外務省の見解とし て、中国が日本との閣僚級の交流停止や航空路線の増便に関する交渉 の中止などに踏み切ったとした。

外務省はまた同声明の中で、「中国は必要なら強硬な対抗措置を取 る。日本はすべての結果の責任を取らざるを得なくなるだろう」と言 明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE