ブラジル株(17日):ボベスパ指数が今月最大の下落-米景気懸念で

17日のブラジル株式市場ではボベ スパ指数が今月最大の下げを記録した。米消費者マインド指数が予想 外の低下となり、米景気の回復力を疑問視する見方が強まった。

原油相場が4日続落したのを受け、石油会社のOGXペトロリ オ・エ・ガス・パルチシパソンエスが下落。中南米最大の取引所を運 営するBM&Fボベスパは2週間で最大の下げ。ブラジル石油公社(ペ トロブラス)が予定する増資計画に対する需要は十分ではないとの懸 念が背景にある。シレラ・ブラジル・レアルティなど不動産株は金利 上昇懸念から売られた。

ボベスパ指数は前日比0.9%安の67089.12で終了し、今週の上昇 率は0.4%にとどまった。同指数構成銘柄で値下がりしたのは50銘柄、 値上がりしたのは15銘柄。通貨レアルは0.4%安の1ドル=1.7190 レアル。