NY外為(17日):ユーロ下落、アイルランド銀行懸念で

ニューヨーク外国為替市場では ユーロが円に対して5週間ぶりの高値から下落。ドルに対しても値下 がりした。ユーロ圏の一部銀行で損失が拡大するとの観測が再び強ま った。

ユーロは円に対して8月10日以来の高値から下落。ドルに対し ては5日ぶりに下げた。銀行の損失によりアイルランドには外部支援 が必要になるとの観測が強まるなか、アイルランド国債と欧州の指標 国債との利回り格差は過去最大に拡大した。円はドルに対し週間では 7月中旬以来の大幅安となった。日本政府・日銀が15日に円高抑制 と輸出主導の景気回復支援に向け円売り介入に踏み切ったことが背景。

ナショナル・バンク・オブ・カナダの外為担当マネジングディレ クター、ジャック・スピッツ氏(トロント在勤)は、アイルランドの 「ニュースを受けてユーロ売りが出たのは意外ではない」と指摘。同 国の金融不安が再燃するとの観測は「ユーロに関して市場全体が持っ ているセンチメントに近い」と述べた。

ニューヨーク時間午後4時34分現在、ユーロは円に対して前日 比0.3%安の1ユーロ=111円84銭。一時は同112円98銭まで 上昇する場面もあった。ユーロはドルに対して0.3%安の1ユーロ =1.3041ドル。一時は8月11以来の高値水準となる同1.3159 ドルまで上げた。円はドルに対してほぼ変わらずの1ドル=85円 77銭。

投資家による逃避資産買いが活発になるなか、スイス・フラン は主要16通貨に対する上昇率が最も大きかった。ユーロに対しては

0.9%高の1ユーロ=1.3170スイス・フラン。

アイルランドの政治

アイルランドの連立政権に参加している緑の党のジョン・ゴーム リー党首は、野党が提案したようにアングロ・アイリッシュ銀行の債 権者との条件見直しを検討した場合、国債スプレッドが拡大するだろ うと発言した。

ゴームリー党首はRTEラジオとのインタビューで「国債スプレ ッドが拡大するかも知れないため、極めて慎重に行動しなくてはなら ない」と述べた。

ブルームバーグのデータによると、アイルランド10年債とドイ ツ10年債のスプレッド(利回り格差)は一時387ベーシスポイン ト(bp、1bp=0.01%)まで拡大し、過去最大を記録した。

英銀バークレイズは16日の投資家向けリポートで、金融セクタ ーで新たな損失が発生するか、景気が悪化した場合、アイルランドは 外部支援を要請する必要があるかもしれないと指摘した。

バークレイズのアントニオ・ガルシア・パスカル、ピエロ・ゲッ ツィ両氏は同リポートで、こうした状況においては、同国政府は欧州 連合(EU)もしくは国際通貨基金(IMF)のいずれかに「外部支 援を要請する必要があるかもしれない」と記述した。

円は週間で下落

円は週間で主要16通貨すべてに対して下落。日本が輸出主導の 景気回復を維持するため、必要とあれば介入を継続するとの方針を示 したことが背景にある。ドルに対しては週間で2%安と、7月16日 終了週以降で最大の下落。

ゲイン・キャピタル・グループ傘下のオンライン為替取引会社F OREXドット・コム(ニュージャージー州ベドミンスター)のチー フストラテジスト、ブライアン・ドーラン氏は、「85円を超える円 高・ドル安となれば、日銀は再び行動に出ると当社は確信している」 と述べた。