NY金(17日):連日の最高値更新、逃避需要で-一時1284.40ドル

ニューヨーク金先物相場は続伸。 一時はオンス当たり1284.40ドルまで上げ、2日連続で過去最高値 を記録した。最高値更新は今週3度目。金融市場の混乱を背景に安全 な逃避先を求める買いが続いた。

金は年初来で17%上昇、銀は24%上げており、ともに株式や債 券、他の商品市場を上回っている。ソブリン債が懸念されるほか、国 や地域によって景気回復の速度にばらつきが見られ、金融市場が不安 定になっていることが背景にある。

リンド・ウォルドックの市場担当シニアストラテジスト、アダ ム・クロプフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は、「金相場は上昇ペ ースを加速させている」と述べ、「国民が不安定な金融市場におびえ 始めている。金は安全な逃避先として選好される資産になるだろう」 と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 相場12月限は前日比3.70ドル(0.3%)高の1オンス=1277.50 ドルで取引を終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE