アイルランド財務相:資金調達にまったく問題ない-支援の必要性否定

アイルランドのレニハン財務相 は、政府が資金調達で困難に直面してはいないと述べ、外部への金融 支援要請が必要との観測の火消しに躍起になっている。

アイルランド財務省は電子メールで、政府が支援を要請する可能 性があるとの「うわさに真実はない」と言明、「調査リポートを局所 的に誤って解釈した」結果だと説明した。国際通貨基金(IMF)の コニー・ロッツェ報道官は、アイルランド向けにIMFの金融支援が 必要になるとは想定していないと語った。

英銀バークレイズが16日のリポートで、情勢が悪化した場合、 アイルランドはある時点で支援を必要とする可能性があると指摘した。 これについてレニハン財務相は、記者団に対し、「このリポートが言 わんとするのは、政府が適切な時点で適切な措置を講じているという ことだ」と語った。

バークレイズのエコノミストらはリポートで、アイルランドは 「短期的には流動性は十分」だが、ある時点で外部からの金融支援を 要請する必要があるかもしれないと指摘した。

レニハン財務相は同リポートについて、「政府の資金調達自体に はまったく苦労はないことを示した。ただ私の見解では、リポートは われわれが極めて慎重に進む必要があると的確に示唆している」と述 べた。