アイルランド国債:スプレッド拡大、保証コスト急騰-銀行資金難を警戒

17日の欧州債市場では、アイ ルランド国債を中心にユーロ圏周縁国の国債相場が下落。アイルラン ドの国内銀行が追加の政府支援が必要になるとの懸念が再び強まった。

アイルランド国債の保証コストは大幅上昇し、過去最高を記録し た。同国の10年債とドイツ10年債のスプレッド(利回り格差)は 1991年以降の最大に拡大した。ポルトガルとドイツ国債のスプレ ッドも過去最大に近づいた。

アイルランドの連立政権に参加している緑の党のジョン・ゴーム リー党首は、野党が提案したようにアングロ・アイリッシュ銀行の債 権者との協議を検討した場合、国債スプレッドが拡大するだろうと発 言。これが利回り上昇の背景にある。

ロンドン時間午後2時25分現在、アイルランド10年債利回り は29ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の6.40%。 ドイツ10年債とのスプレッドは一時387bpまで拡大し、過去最大 を記録した。

データ提供会社CMAによると、アイルランド国債の保証コスト を示すクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)スプレッドは 38bp上昇の428.3bpと、過去最高を記録した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE