インド株(終了):センセックス指数、08年来高値-景気の強さに自信

インド株式相場は上昇。指標のセ ンセックス30種株価指数は週間ベースで10カ月ぶり大幅高となっ た。景気が利上げの影響を乗り切るのに十分に強いとの自信を背景に 買われた。

インド最大の不動産開発企業、DLFは1月以来の高値。ソフト ウエアサービス輸出で国内最大手のタタ・コンサルタンシー・サービ シズも高い。カナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)と米オ ラクルの6-8月(第2四半期)利益が予想を上回ったことを受け、 ハイテク業界への明るい見通しが広がった。

インド準備銀行(RBI、中央銀行)は16日、今年5回目とな る利上げを実施するとともに、経済は引き続き安定的に成長している との認識を示した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比177.26ポイ ント(0.9%)高の19594.75と、2008年1月以来の高値で引けた。 前週末比では4.2%上げた。DLF(DLFU IN)の終値は352.50 ルピー、タタ・コンサルタンシー(TCS IN)は2.1%上げ913.80 ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE