米J&Jが蘭クルーセルの完全子会社化で交渉、2000億円

:ヘルスケア製品最大手の米ジョ ンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は17日、オランダのバイオテ クノロジー会社、クルーセルの完全子会社化に向け、未保有株を約17 億5000万ユーロ(約2000億円)の現金で取得する交渉を進めている ことを明らかにした。交渉は進展した段階にあるとしている。

両社の発表によると、交渉ではJ&Jあるいは関連子会社がクル ーセルの未保有の全株式を1株当たり24.75ユーロで取得する。これ はアムステルダム市場でのクルーセル株式の16日終値を58%上回る 水準。

米ワイスがクルーセル買収を断念したことを受け、J&Jはその 8カ月後の昨年9月に、同社株式18%を約3億ユーロで取得、クルー セルとインフルエンザの予防接種と治療における提携関係を結んだ。 J&Jがクルーセルを完全子会社すれば、J&Jにとってワクチンの 製造・開発・販売力を強化できる一方で、クルーセルにとってもJ& Jの医薬品製造・開発経験を活用できるメリットがある。