GMの新CEO:米政府の株保有は今後「数年間」続く可能性-WSJ

米自動車メーカー、ゼネラル・モ ーターズ(GM)のダン・アカーソン新最高経営責任者(CEO)は、 米政府の株主としての同社への関与は今後数年間にわたり続く可能性 があるとの見通しを示した。米紙ウォールストリート・ジャーナル(W SJ、オンライン版)が同CEOの発言を報じた。

アカーソンCEOは、GMはほかの米企業と同様に経営されてお り、「単に、当社の事業に強い関心を持つ大株主がいるというだけだ」 と語ったという。米政府はGM株の61%を保有している。

エド・ウィッテーカー前CEOが、社名をもじった「ガバメント・ モーターズ(政府の自動車会社)」という汚名を公の場で嘆き、政府に 対し、可能な限り早期にGM株を手放すよう求めたのに対し、アカー ソンCEOの姿勢は非常に対照的だと同紙は伝えた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 藤田比呂子 Hiroko Fujita +81-3-3201-8662 hfujita2@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Peterson at +44-20-7330-7547 or cpeterson@bloomberg.net