米カーライル:ヘッジファンドへの出資目指す、買収低迷で-関係者

世界2位のプライベートエクイ ティ(未公開株、PE)投資会社、米カーライル・グループは、ヘッ ジファンド運用会社の株式を購入する可能性があり、数社と交渉を進 めている。流動性の高い投資を増やすのが狙い。事情に詳しい関係者 3人の話を基に伝えた。

カーライルは、最大50億ドルの資産を持ち複数の市場で売買し ているヘッジファンド1社などと交渉を進めている。情報が非公開で あることを理由に同関係者が匿名を条件に明らかにした。カーライル はまた、2つの新たな債券ファンドや、10億ドル規模の中小企業買収 ファンド向けの資金調達を目指している。

金融危機の影響で大型買収に対する投資家の需要が縮小したのを 受け、大手PE投資各社は流動性の高い投資を拡大している。ブラッ クストーン・グループは2008年にヘッジファンドのGSOキャピタ ル・パートナーズを買収し、債券ビジネスを拡張。KKRは債券と株 式の発行を引き受けるグループを立ち上げた。カーライルも08年に ヘッジファンド買収を試みたが、住宅関連証券への投資損失が響き断 念していた。

同関係者によると、カーライルのヘッジファンド部門と2つの新 たな債券ファンドは、3月に同社入りした米モルガン・スタンレーの 元セールス・トレーディング責任者ミッチ・ペトリック氏が統括する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE