出光:ベトナム・ニソン製油所の操業開始時期を延期-2014年に

出光興産は、ベトナムで建設を計画 しているニソン製油所(処理能力は日量20万バレル)の操業開始時期を 2014年中に延期した。同社は当初、13年末までの運転開始を予定してい た。

同社広報担当の安永真紀氏が17日に明らかにしたところによると、 延期は建設費用の見直しをする必要が生じたため。10年夏ごろを予定し ていた最終投資決定の時期も11年3月末までに先送りされた。出光が 08年3月に発表した資料によると、当初の建設費用は58億ドル(約 5000億円)となっている。

この計画には出光(35.1%)のほか、三井化学(4.7%)やベトナム 国営石油会社ペトロベトナム(25.1%)、クウェート国際石油(35.1 %)も参加している。