米BOAメリル:2010年の原油需要を上方修正、日量170万バレルに

米銀バンク・オブ・アメリカ(BO A)メリルリンチは今年の原油需要見通しを上方修正した。米国や中国 の予想以上に強い消費を要因として指摘している。

メリルリンチのフランシスコ・ブランチ氏率いる商品調査担当責任 者らは15日付のリポートで、2010年の原油需要の見通しについて、20万 バレル上方修正し、日量170万バレルとした。また、ブラジル、ロシア、 中国の新プロジェクトを引き合いに出し、非OPEC(石油輸出国機構) の供給量見通しを20万バレル上方修正した。

同リポートでは「新興市場の成長見通しは好調を維持している。ア ジアの国内需要は勢いを増している」と述べている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE