【テクニカル分析】ブレント原油、80ドルの上抜け困難-コメルツ銀

独コメルツ銀行のテクニカル分析 によると、ロンドンの原油先物相場は4カ月間のトレンドラインである

79.25-80.26ドルを上抜けず、一段の上昇は難しそうだ。

ICEフューチャーズ・ヨーロッパの北海ブレント原油先物は世界 の景気回復が進み燃料需要の増加を促すとの見方から、今月約4%上昇 した。前日は1バレル=79ドル近辺で推移した。コメルツ銀による と、原油相場は5月以降、相場を抑制している抵抗線に阻止され現在の 水準でもみ合う可能性が高い。

コメルツ銀のテクニカルアナリスト、カレン・ジョーンズ氏(ロン ドン在勤)はリポートで、「短期的に上昇して5-9月の上値抵抗線を 試す可能性はある。しかし、そこから上に行くのは難しいだろう」と予 想した。

ジョーンズ氏によると、北海ブレント原油が下げ始めれば、6-7 月の上昇相場の安値70.50-70.77ドル近辺まで下げる可能性があ る。この水準を下回ると、5月25日に付けた今年の最安値68.15ドル に下落する見通し。

8月初旬、北海ブレント原油は82ドル近辺で推移していたが、コ メルツ銀は上昇チャンネルの天井である82.84ドルで上昇を阻止され ると予想し的中させた。相場は下落し、8月11日以降80ドルを下回 ったままで推移している。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物は5-9月のト レンドラインである81.10ドル近辺で上値が抑えられるとコメルツ銀 はみている。ジョーンズ氏によると、75ドルを下回って引けると、過 去4カ月間の安値を結んだトレンドラインである72.12ドル近辺に下 落する可能性がある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE