米デル:中国に1000億ドル超投資、向こう10年で-第2拠点開設へ

米パソコン(PC)メーカーのデ ルは、中国での事業を拡大し、売り上げを増やすため、向こう10年間 に1000億ドル(約8兆6000億円)超を投資する計画だ。

発表資料によれば、デルは2011年に中国の成都に、同国西部での 生産、販売などを行う第2の拠点をオープンする。さらに1事務所を 開設するほか、アモイにある既存施設で最大500人を採用する。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、昨年のデルのアジア 太平洋地域での売上高の伸びは他の地域を上回った。ただ、収入全体 に占める割合は12%にとどまっている。デルは1000億ドルの使途に ついて詳細は明らかにしていない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE