米グーグルのタブレット端末、iPad追い越す可能性-豊富な機種で

米グーグルの基本ソフト(OS) 「アンドロイド」を搭載したタブレット型コンピューターは、メーカ ーが同ソフトを採用して多数の機種を投入することから、今年の年末 商戦で米アップルが手掛ける競合商品の「iPad(アイパッド)」か ら売り上げを奪い、数年後にはこれを追い越す可能性があると、アナ リストらは指摘している。

韓国のサムスン電子は16日、ニューヨークで開かれるイベント で、アンドロイドを搭載した最新タブレット型端末「ギャラクシー・ タブ」を発表する。米国の3大携帯電話サービス会社は米国市場で同 製品を販売することに合意したと、事情に詳しい関係者3人が先週明 らかにしている。

調査会社ガートナーによると、アンドロイドを搭載したスマート フォン(多機能携帯電話)の売り上げは既に米国でアップルの「iP hone(アイフォーン)」を上回っている。デロイト・サービシズの ディレクター、エド・モラン氏は、アンドロイドはどの企業も自由に 利用できるため、グーグルはスマートフォン市場での成功をタブレッ ト型端末市場でも繰り返す可能性があるとみる。

モラン氏はインタビューで、「成功の裏には非常に多くの要因があ る。オープンソースである点や低価格、1社の独占所有物ではないこ となどがそれだ」と述べ、「タブレット型端末市場でも成功しないわけ はないだろう」と語った。

米デルと台湾の宏碁(エイサー)、韓国のLG電子はアンドロイド 搭載のタブレット型端末を生産する方針を表明している。アンドロイ ド搭載のスマートフォンを製造している米モトローラのサンジェイ・ ジャ共同最高経営責任者(CEO)も15日、来年の早い時期に投入 したい意向を明らかにした。