英国債:下落、10年債利回り3.15%-入札不調とインフレ期待上昇で

英国債相場は下落。30億ポン ド(約4020億円)相当の10年債入札の不調に加え、英消費者のイ ンフレ期待が高まったことが背景にある。

10年債利回りは前日比6ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)上昇の3.15%。2年債利回りが4bp上昇し0.73%とな った結果、両国債の利回り格差は242bpに拡大した。終値ベースと しては8月10日以降で最大の幅となった。

この日実施された2020年9月償還、表面利率3.75%の国債入 札の応札倍率は1.68倍。前回の7月入札は2.45倍だった。

イングランド銀行(英中央銀行)が16日発表した四半期調査に よると、英消費者の向こう1年のインフレ期待が2008年8月以来の 高水準となった。英消費者はこの先1年間のインフレ率が3.4%とみ ている。5月の前回調査では3.3%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE