米PPI:8月は0.4%上昇、2カ月連続のプラス

米生産者物価指数(PPI) は8月に上昇し、2カ月連続のプラスとなった。

米労働省が発表した8月の生産者物価指数(PPI)全完成 品は前月比0.4%上昇した。伸び率は前月(0.2%上昇)の2倍 に拡大し、3月(0.8%上昇)以来の最大となった。ブルームバ ーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.3%上 昇だった。

8月の食品とエネルギーを除いたコア指数は前月比0.1%の 上昇となり、エコノミスト予想と一致した。前月は0.3%上昇だ った。

前年同月比では、PPI全完成品が3.1%上昇(前月4.2% 上昇)、コア指数は1.3%上昇(前月1.5%上昇)と、いずれも伸 びが鈍化した。

8月のPPI指数を項目別でみると、食品価格が前月比で

0.3%上昇。エネルギー価格は2.2%上昇し、特にガソリンとヒ ーティングオイル(暖房油)の値上がりを反映した。

中間財の価格は前月比0.3%上昇、前年比では5%上昇した。 また、原材料価格は前月比2.3%上昇、前年比では18.3%の上昇 となった。

ノムラ・セキュリティーズ・インターナショナルのチーフエ コノミスト、デービッド・レスラー氏は「物価の抑制された状態 が根強く続いているが、デフレも差し迫ってはいない」と指摘。「こ の統計の数値は、インフレが低い水準にとどまりそうだという一 般的な見方と一致する。米連邦公開市場委員会(FOMC)は2013 年まで利上げを実施しないだろう」と述べた。

リックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE