ユーロ圏:7月の輸出、前月比0.6%減-3カ月ぶりの減少に転じる

7月のユーロ圏輸出が3カ月ぶり の減少に転じた。世界的な景気減速で、ユーロ圏企業の受注が圧迫さ れ始めている。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が16日発表したユー ロ圏の貿易統計では、7月の輸出が季節調整後で前月比0.6%減少。 6月は5.3%増だった。7月の輸入が1.5%減少した結果、貿易収支は 2億ユーロ(約224億円)の赤字となった。赤字幅は6月の14億ユー ロから縮小した。

ユーロスタットによると、1-6月(上期)の輸出は、EUにと って2番目に大きな貿易相手である米国向けが前年同期比12%増加 し、最大の輸出先である英国向けが11%増えた。対中国輸出は44%、 対日本は18%それぞれ増加した。国別の詳細については1カ月遅れで 公表している。