池田財務副大臣:日銀には非不胎化介入してもらっている

池田元久財務副大臣は16日午後に 開かれた民主党財務金融部門委員会で「日銀には非不胎化介入をやっ てもらっている」と説明した上で、「政府・日銀は一体的に円高および 金融緩和に関して統一的な行動をしている」と述べた。同委員会後、 池田財務副大臣や大久保勉参院議員が明らかにした。

これに対し、日本銀行の北原道夫参事役は介入資金を市場にその まま放置する非不胎化について正式に方針決定していないことを明ら かにするとともに、金融緩和策の一環として実施しているかどうかに ついても明言を避けた。このことから出席者からは政府・日銀間の認 識に隔たりがあるのではないかとの指摘が出たという。

池田財務副大臣は、白川方明日銀総裁が15日発表した談話に「強 力な金融緩和を推進する中で、今後とも金融市場に潤沢な資金供給を 行っていく」とあることから非不胎化介入を含め、日銀から協力を得 られると説明。また、大久保氏は「日銀は非不胎化介入するだろうが、 しても言わないだろう」と指摘、日銀による長期国債の買い入れ増額 やそれに伴う日銀券ルールの撤廃も検討すべきだと語った。