FSB議長:「大き過ぎてつぶせない」金融機関への対処必要

20カ国・地域(G20)の中央 銀行や監督当局で構成する金融安定化理事会(FSB)のドラギ議 長(イタリア銀行=中央銀行=総裁)は、世界的な金融規制の枠組 み作りでは、「大き過ぎてつぶせない」と見なされる大規模金融機 関への規制強化が必要だとの考えを示した。16日付のイタリア紙 ソレ24オレの論説欄に寄稿した。

ドラギ氏は、「次の作業は、大き過ぎてつぶせない金融機関の 問題に効果的に対処することだ」とした上で、「システム全体にと って重要な金融機関は、先週合意された金融システム全体を対象と した基準よりも高い損失吸収余力を持つべきだ」との見解を示した。

ドラギ議長はさらに、そのような重要な金融機関の監督におけ る国際協力の強化が必要だとも指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE