中国海洋石油、BPアルゼンチン資産を102億ドルで買収か-シティ

海洋油田開発で中国最大手の中 国海洋石油(CNOOC)は、英BPが保有するアルゼンチンの石 油輸出最大手、パン・アメリカン・エナジーの株式60%を102億ド ル(約8700億円)で買収提案する可能性があり、買収に向けパート ナー企業を探す公算がある。米シティグループが指摘した。

同行のアナリスト、グラハム・カニンガム、トゥーシャー・バ グ ラ両氏は14日付のリポートで、この買収提示額は中国海洋石油 が今年パン・アメリカン株の20%取得に要した金額に対して10%の プレミアムを支払うとの推定に基づくと説明した。中国海洋石油は 3月にアルゼンチンの石油生産会社ブリダスの株式50%を31億ド ルで買収。これを通じてパン・アメリカンの株式20%を取得した。

中国海洋石油の広報担当ジャン・ヨンジ氏は16日に電話で、「こ うした市場のうわさについてはコメントしない」と語った。

サンフォード・C・バーンスティーンのアナリスト、ニール・ ビバリッジ氏(香港在勤)は「中国海洋石油からこの規模の提案は あり得るが、可能性は低いだろう」と指摘。「ブラジルやウガンダな どの資産に関心を示し、海外資産の経営権を通常握らない同社にと って、この規模の案件はバランスシートの拡大につながる。これは 相当な拡大になるだろう」と語った。

シティの両アナリストによれば、アルゼンチンで事業を行う米 オクシデンタル・ペトロリアムやアパッチ、仏トタルなどの企業が、 中国海洋石油と共同でのパン・アメリカンの株式取得に興味を示す 可能性があるという。