豪中銀総裁補佐:家計の消費強まれば、豪州のインフレ加速の公算

オーストラリア準備銀行(中央 銀行)のロウ総裁補佐は、向こう数年間に家計の消費が現在の「比 較的抑制された」水準から強まれば、同国のインフレが加速する可 能性があるとの見解を明らかにした。

同総裁補佐はシドニーでの講演で、「豪経済の現行の余剰能力が 相対的に限定された状態であることを考えると、向こう数年間に投 資と消費が極めて力強く拡大すれば、インフレ上昇圧力のリスクは 高まるだろう」と述べた。講演原稿が事前に配布された。

豪経済は輸出急増の恩恵を受けているものの、準備銀が物価の 判断材料としているコアのインフレ率は目標水準である2- 3% に収まっている。

同総裁補佐は「過去数年間、家計支出は比較的抑制され、借り 入れの意欲は低下した」とし、「その理由の一つは、数年にわたって 債務を増やし、世界の他の地域で起きた問題を見てきた家計部門が リスク判断を向上させたことにある」との認識を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE