ドイツ州立銀行の問題、州主体で取り組みを強化-ショイブレ財務相

【記者:Rainer Buergin】

9月15日(ブルームバーグ):ドイツのショイブレ財務相は、同国 の州立銀行が抱える問題の解決に向けた取り組みを強化する考えだ。 財務省のオフェル報道官が15日明らかにした。

オフェル報道官は、ショイブレ財務相が州立銀行の問題について、 「垂直的ないし水平的解決策」を準備するため、ノルトラインウェス トファーレン州を中心とする州首相らの主体的な取り組みに基づいて 行動していると説明した。

15日付のフィナンシャル・タイムズ・ドイツ版(FTD)は、シ ョイブレ財務相が、ウェストLBやバイエルン州立銀行などの合併を 推進する方法について、州政府当局者と予備的な協議を行っており、 数日以内にさらに話し合いを進めたい意向だと報じた。オフェル報道 官はこの報道を受けて、コメントを出した。

国際決済銀行(BIS)バーゼル銀行監督委員会が銀行の新たな 資本規制で合意したことで、ドイツの州立銀行が抱える問題の解決に 動く必要が増している。州立銀行を代表するドイツ公営銀行連盟(V OEB)は、移行期間が「あまりにも短い」とした上で、新規制の要 件を満たすことはドイツの金融機関にとって重い負担になると訴えて いる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE