デフレ脱却議連:日銀は一層の緩和策を、大規模介入も-声明

民主党の「デフレから脱却し景気 回復を目指す議員連盟」(デフレ脱却議連)有志は16日、緊急声明を 発表。為替介入の継続を求めるとともに、日銀に対しては、臨時の政 策決定会合を開催しさらなる金融緩和策を取るよう求めた。

議連会長の松原仁衆院議員が読み上げた声明は、政府・日銀が円 売りドル買い介入に踏み切ったことについて「歓迎する」と表明。「今 後も必要に応じて大規模な介入を断行するよう求める」と強調した。

また、「われわれは引き続き、インフレターゲット政策の導入と日 銀法の改正を政府に強く要請する」と言明した。

一方、日銀に対しては、「速やかに臨時の金融政策決定会合を開催 し、国債買いオペの増額、新型オペの拡充、成長基盤強化への資金供 給枠の拡大など、追加緩和策を打ち出すよう求める」とした。