台湾TSMC:太陽電池工場に2億ドル強を投資へ-2000人採用計画

半導体ファウンドリー(受託生産) 世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)は、太陽電池を開発・製造 する計画の第1段階で2億ドル強を投資する計画だ。新事業担当社長の 蔡力行(リック・ツァイ)氏が16日に台中で明らかにした。

同氏によると、同社は太陽電池工場で約2000人を採用する計画。生 産能力は約200メガワットとなる予定で、来年生産を開始する見込みと いう。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net