マイクロソフト:「キネクト」対応ソフト5本、日本から(Update1)

米マイクロソフトは16日の展示会 「東京ゲームショウ」開幕に合わせ、家庭用ゲーム機「Xbox360」 専用ソフトとして、日本の開発会社が制作する5タイトルを発表した。 いずれも来年の発売予定で、手ぶらでゲームを遊べる入力機器「キネク ト」に対応させる。

制作する日本企業はセガ、カプコン、七音社、グランディング、グ ラスホッパー・マニュファクチュア。うち、カプコン発売のミリタリー ゲーム「重鉄騎」はフロム・ソフトウェアとの共同開発。マイクロソフ トは8日、キネクトを11月20日に日本で発売すると発表した際、来年 初めまでに対応ソフトが国内で計10タイトル発売予定だとしていた。

ゲーム雑誌「ファミ通」を発行する企業、エンターブレインが15 日発表した国内販売統計によると、2005年12月の発売から今月12日ま での「360」の累計販売は135万台。一方、06年12 月に任天堂が発売 した「Wii」は1066万台、同年11月発売のソニー・コンピュータエ ンタテインメントの「プレイステーション(PS) 3」は550万台。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE