日銀総裁:流動性確保などが金融政策に極めて重要-講演

日本銀行の白川方明総裁は16日午 前、都内で講演し、今回の金融危機に際してドル資金供給オペなど非 伝統的政策措置が有効性を発揮したと指摘した上で、そのことは、資 金流動性の確保と、カウンターパーティー・リスク(取引先の信用リ スク)の2つの概念が金融政策上、最も重要だということを示唆して いるとの認識を示した。

超低金利政策の影響については、銀行間資金市場の円滑な機能が 低下したり、過剰債務の削減が遅れると指摘。さらに、将来にわたっ て低金利が継続するとの予想は、バブル発生の必要条件になると述べ た。一方、欧米の景気停滞に関しては「調整はまだ進行中」とし、「本 格回復までに、まだかなり時間がかかることは確か」との見方を示し た。

講演は英語で行われ、日銀が日本語訳をウェブサイトで公表した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE