グーグル「アンドロイド」がシェア拡大、RIMは縮小-コムスコア

米スマートフォン(多機能携帯端 末)向け基本ソフト(OS)の5-7月期の市場シェアは、グーグル が42%拡大した一方、「ブラックベリー」製造のカナダのリサーチ・ イン・モーション(RIM)が縮小した。調査会社コムスコアの集計 で分かった。

コムスコアが15日発表した資料によれば、グーグルのOS「アン ドロイド」を搭載したスマートフォンのシェアは17%と、2-4月期 の12%から拡大。シェア首位のRIMは39.3%と2-4月の41.1% から低下した。米アップルも23.8%と2-4月の25.1%から縮小した。

アンドロイドはここ数カ月、米モトローラや韓国のサムスン電子 などが製造する携帯端末にも搭載され、シェアを伸ばした。米スマー トフォン利用者は11%増の5340万人となり、ほとんどのOSが利用 者を増やしたとしている。