NY金:過去最高値から反落、ドル上昇で需要減-1268.70ドル

ニューヨーク金先物相場は反落。 ドルの反発で代替投資先としての金の需要が弱まり、前日の過去最高 値から下落した。

この日は主要6通貨のバスケットに対するドル指数が一時

0.8%上昇。過去2日では2%下げていた。14日には、金はオンス 当たり1276.50ドルと、過去最高値を更新した一方、ドルは対円で 15年ぶりの安値まで下落した。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レ シュ氏(シカゴ在勤)は、「ドル上昇に反応した短期的な売りと、前 日の過去最高値を受けた利益確定の売りが出た」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 相場12月限は前日比3ドル(0.2%)安の1オンス=1268.70ド ルで取引を終了。14日には2%高と、7カ月ぶりの大幅高となって いた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE