キング英中銀総裁:公的資金受けた銀行の巨額ボーナス「理解に苦しむ」

イングランド銀行(英中央銀行) のキング総裁は、英国政府による公的資金注入で救済された銀行が巨 額な報酬を支払っているのは理解し難いとの見解を示した。

キング総裁は15日、マンチェスターで労働組合員からの質問に 対し、「国民がこぼす不満には、私も大いに同感だ」と述べ、「英国 の大半の人々は自分よりも多くの収入を得ている人々がいることを認 めないわけではない。しかしながら、わずか2年前に納税者に救済さ れた金融機関の従業員が巨額な報酬を受け取っているのは、いささか 理解に苦しむ話だ」と続けた。

キング総裁は講演後、賞与や税制政策、学生ローンなどについて の質問に応じた。英労働組合会議(TUC)傘下が開催した会合でイ ングランド銀行総裁が講演したのは、1998年以来で初めてのこと。

同総裁は「そもそも、なぜこのような事態が生じ、銀行がこうし た支払いをして当然と感じたのか、過去に遡って考える必要がある」 と発言。金融業界の報酬が過剰なリスクテークを促し、世界的な金融 危機を誘発したと述べ、銀行ボーナスの直接制御に依存するのは解決 にならないと言明した。