米下院歳入委員会のレビン委員長 (民主、ミシガン州)は、中国の為替政策をめぐり米国は早急に世界貿 易機構(WTO)に提訴すべきだと述べた。

同委員長は15日、中国の為替政策に関する歳入委員会での公聴会 で、人民元安の影響に対応するため、中国からの輸入に対し、米国には 報復関税を科す権利があると主張した。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE