通貨ユーロは「嫌われ者」、欧州住民の過半数が不支持-世論調査

欧州大陸に混乱をもたらしたソ ブリン債危機をきっかけに、ユーロを「嫌われ者」とみている人が欧 州住民の半数を超えていることが世論調査で明らかになった。

米国の財団ジャーマン・マーシャル・ファンドとイタリアのサン パオロ慈善事業財団が15日公表した同世論調査によると、回答者の 55%がユーロに対して否定的な見方を示した。特にフランスでは 60%、ドイツでは53%がそれぞれユーロを支持しないと答えた。昨 年の世論調査ではユーロに関する質問項目はなかった。

大半の人々は欧州の統合強化という概念を引き続き支持しており、 導入以来11年となるユーロが人々の憤りの標的となっても同通貨の 廃止は望んでいないことが示唆された。

ジャーマン・マーシャル・ファンドの上級研究員、ブルース・ス トークス氏は、「今回の危機で欧州の象徴や組織に犠牲が及んだとす れば、それはユーロだ」と指摘。「しかし、われわれはこれを過大解 釈するべきではない。人々がユーロの放棄を望んでいることを必ずし も意味しない」と述べた。

今回9回目となる年次世論調査は欧州連合(EU)加盟11各国、 およびトルコと米国で1万3000人を対象に6月1-29日に実施さ れた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE