グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場 の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場ではハンセン指数が上昇。金価格の最高値更新を好 感して産金株が買われたほか、8月の米小売売上高の増加を手掛かり に輸出関連株も値上がりした。

産金会社で中国最大手の紫金礦業(2899 HK)は1.4%高。米ナ イキの靴を受託製造する裕元工業(551 HK)は5.3%上昇した。海 洋油田開発で中国最大手の中国海洋石油(CNOOC、883 HK)は

1.1%値上がり。親会社の中国海洋石油総公司が発表した今年の生産 量見通しが好感された。

一方、広州市の不動産最大手、広州富力地産(2777 HK)は

2.5%安。中国銀行業監督管理委員会(銀監会)が一部の銀行に対し、 自己資本比率の引き上げを義務付ける可能性があるとの観測が売り材 料。中国銀行(3988 HK)も売られた。

ハンセン指数は前日比29.60ポイント(0.1%)高の

21725.64。一時は0.3%安まで値下がりした。ハンセン中国企業株 (H株)指数は前日比0.4%安の12088.30。

シンダ・インターナショナル・ホールディングスの調査ディレク ター、キャスター・パン氏(香港在勤)は「最近の経済指標は、世界 経済がすでに回復に向かっていることを示している」と指摘。「しか し、投資家はこの回復の持続性に不安を感じている」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指数は1週間ぶりの大幅安となっ た。中国政府による不動産やエネルギー消費の抑制措置で、同国の経 済成長や企業利益の伸びが鈍化するとの観測が高まった。

不動産開発株は保利房地産集団(600048 CH)や金地集団 (600383CH)を中心に下落。中国最大の石炭生産会社、中国神華能 源(601088 CH)は2.2%、国内鉄鋼最大手の河北鋼鉄(000709 CH)は1%それぞれ下げた。鉄鋼の減産措置は年内いっぱい続くと の当局の見通しがマイナス材料。国内最大の自動車メーカー、上海汽 車集団(SAICモーター、600104 CH)は、ここ最近の上昇は行 き過ぎと受け止められ3.5%値下がりした。

中原証券のストラテジスト、李俊氏(上海在勤)は「中国経済は 依然として減速している」と指摘。「不動産市場の引き締め策やエネ ルギー消費の節減策は、成長がすぐには回復しないことを意味してい る。約2カ月間にわたる反発局面の後、株式相場にはこうしたマイナ ス材料を消化するための時間がある程度必要だ」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比36.02ポイント(1.3%)安の2652.50。 9日以来の大幅安となった。上海、深セン両証取のA株に連動するC SI300指数は前日比1.8%安の2913.19。

【インド株式市況】

インド株式相場は7営業日続伸し、センセックス30種株価指数 は2年8カ月ぶり高値を付けた。インド準備銀行(RBI、中央銀行) が成長見通しを引き上げるとの観測から、買いが膨らんだ。

インド最大の乗用車メーカー、マルチ・スズキ・インディアは4 日続伸。電力会社のリライアンス・インフラストラクチャーは1.2% 上げた。RBIは16日の政策決定会合で、今年5回目の利上げを実 施するかどうかを検討する。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比155.15ポイン ト(0.8%)高の19502.11と、2008年1月17日以来の高値で引 けた。7日続伸はここ3カ月で最長。

タウルス・アセット・マネジメント(ニューデリー)のマネジン グディレクター、R・K・グプタ氏は、「インドの経済成長が持続す るというのが投資家の見方だ。こうしたセンチメントが株価動向に反 映されており、楽観を反転させられるようなファンダメンタルズ(経 済の基礎的諸条件)面での要因はないと思われる」と語った。

マルチ・スズキ(MSIL IN)は1.7%上げ1368.65ルピーと、 7月16日以来の高値で引けた。リライアンス(RELI IN)の終値は

1.2%高の1069.95ルピー。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比35.0ポイント(0.8%)高の4661.5。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比8.63ポイント(0.5%)高の

1823.88。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比31.22ポイント(0.4%)高の8163.82。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比22.38ポイント(0.7%)高の3071.03。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比1.49ポイント (0.1%)安の1472.95。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比0.29ポイント安の921.10。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前営業日比126.14ポイント(3.9%)高 の3357.03。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比5.19ポイント(0.1%)高の

3973.48。