インド株(終了):センセックス指数、7日続伸-景気加速との観測

インド株式相場は7営業日続伸 し、センセックス30種株価指数は2年8カ月ぶり高値を付けた。イ ンド準備銀行(RBI、中央銀行)が成長見通しを引き上げるとの観 測から、買いが膨らんだ。

インド最大の乗用車メーカー、マルチ・スズキ・インディアは4 日続伸。電力会社のリライアンス・インフラストラクチャーは

1.2%上げた。RBIは16日の政策決定会合で、今年5回目の利上 げを実施するかどうかを検討する。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前日比155.15ポイ ント(0.8%)高の19502.11と、2008年1月17日以来の高値で 引けた。7日続伸はここ3カ月で最長。

タウルス・アセット・マネジメント(ニューデリー)のマネジン グディレクター、R・K・グプタ氏は、「インドの経済成長が持続す るというのが投資家の見方だ。こうしたセンチメントが株価動向に反 映されており、楽観を反転させられるようなファンダメンタルズ(経 済の基礎的諸条件)面での要因はないと思われる」と語った。

マルチ・スズキ(MSIL IN)は1.7%上げ1368.65ルピーと、 7月16日以来の高値で引けた。リライアンス(RELI IN)の終値は

1.2%高の1069.95ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE