英政府は「信頼し得る」赤字削減策の実施が必要-キング中銀総裁

イングランド銀行(英中央銀行) のキング総裁は、英政府が「信頼し得る」財政赤字削減案を実施し、 ユーロ圏の一部の国を苦境に陥れた借り入れコストの大幅上昇を回避 する必要があるとの見解を示した。

キング総裁は15日にマンチェスターで開催された労働組合会議 (TUC)の会合で、「今年前半にユーロ圏で見られたように、ソブ リン債拡大に対する市場の反応は良性なものから悪性へと急速に転じ る」と述べ、「投資や住宅ローンコストを割高にする可能性のある長 期金利の不利な上昇でリスクを冒すのは賢明ではない」と続けた。

さらに「政府が明白かつ信頼し得る計画を策定し実行することが 重要だ。あいまいな公約では不十分だ」と言明した。