菅首相、党代表選対抗馬小沢氏の公約した円売り介入に踏み切る

14日の民主党代表選挙で勝利した 菅直人首相は、党首選の対抗馬だった小沢一郎氏の公約に沿って2004 年以来初の円売り介入に踏み切った。

野田佳彦財務相は15日、政府・日銀が同日、外国為替市場に介 入したことを認めた。介入の規模は明らかにしなかった。円は3月以 来の大幅下落となった。

小沢氏は代表選の選挙戦中に、日本経済の成長を守るため介入を 辞さないと表明していた。仙石由人官房長官は、介入と民主党代表選 挙は無関係だと述べた。

菅氏は党代表再選を果たした後に、デフレ克服や経済再建、雇用 促進の方針をあらためて表明した。小沢氏は景気刺激策の拡大を公約 していたため、同氏勝利なら債券利回りが上昇すると懸念されていた。