マイルズ英中銀委員:物価動向は「不安定」-イースト・アングリアン

イングランド銀行(英中央銀行) 金融政策委員会(MPC)メンバー、デービッド・マイルズ委員は、 国内の物価動向は引き続き不安定となる公算が大きいものの、来年に は中銀目標の2%に向けて低下するとの見方を示した。英紙イース ト・アングリアン・タイムズが同委員とのインタビューを基に報じた。

マイルズ委員は「英国の大半の人々は1年半前よりも良い状況に あると考えられるが、回復はやや控えめだ」と発言し、「MPCに関す る個人的見解では、インフレ圧力が特に懸念材料だ。インフレ率を2% の目標に近い水準に維持することがわれわれの責務であり、現在、目 標を上回っている」と述べたと。

さらに、英経済には「多くの余剰能力があり、インフレ圧力を抑 制できる」と続けた。ただ、「先行きには大きな不透明感がある」とも 語った。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ロンドン 藤森英明 Hideharu Fujimori +44-20-7673-2178 hfujimori@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Svenja O’Donnell in London at +44-20-76732287 or sodonnell@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Fergal O’Brien at +44-20-7673-2532 or fobrien@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE