国内市況:株は急反発・債券上昇、円82円台から急落-ついに介入実施

東京株式相場は急反発。政府と日 本銀行が為替市場で円売り介入を実施し、15年ぶりの円高水準にあっ たドル・円相場が午前終盤から急反転した。円高修正の動きで企業収 益の先行き懸念が和らぎ、自動車や電機など輸出関連株中心に見直し の買いが加速した。

日経平均株価の終値は前日比217円25銭(2.3%)高の9516円 56銭、TOPIXは同13.77ポイント(1.7%)高の848.64。東証1 部の売買高は概算で23億5804万株と、日経平均先物・オプションの 特別清算値(SQ)算出日だった今月10日を上回り、7月22日(26 億5888万株)以来の高水準に膨らんだ。売買代金は1兆6736 億円。

東京外国為替市場では、ドル・円相場が午前10時半前に1ドル= 82円88銭と15年ぶり高値を更新した後、政府・日銀が円売り介入を 実施。円が急反落した。円は対ドルで午後1時すぎに今月3日以来の 1ドル=85円台の円安・ドル高水準を付けた。ユーロ・円相場も1ユ ーロ=107円台後半から一時、110円40銭台まで円安が進行。これは 8月20日以来のユーロ高・円安水準となる。

東証1部銘柄の大半がPBR(株価純資産倍率)1倍を割り込み、 長期金利との比較で配当利回りの魅力がある銘柄も多かった。介入に よる円高修正を受け、投資指標の割安さに着目した買いが入った。

円安で、輸出関連株を中心に一気に買い圧力が強まり、東証1部 33業種の値上がり率上位には輸送用機器、精密機器、ガラス・土石製 品、電気機器、ゴム製品などが並んだ。売買代金上位では、トヨタ自 動車が一時5%以上上げ、8月24日以来の3000円回復。ファナック、 ホンダ、TDK、信越化学工業がいずれも3%超上昇し、日経平均の プラス寄与度上位に入った。

東証1部銘柄の騰落状況は、値上がり1180、値下がり334。業種 別33指数は31業種が上げ、石油・石炭製品が下落、空運は変わらず。

債券は大幅高、非不胎化の観測

債券相場は大幅続伸。長期金利は2週間ぶり低水準を付けた。追 加緩和観測を背景に前日の米国債相場が上昇したことを受けて買いが 先行した。その後、政府・日銀が6年半ぶりに為替介入に踏み切った ことで、いったんは相場の上値が重くなったものの、介入資金を放置 する「非不胎化」を行うとの観測から再び買い直された。

現物債市場で長期金利の指標とされる新発10年物の310回債利回 りは、前日比4.5ベーシスポイント(bp)低い1.06%で始まった。いっ たんは0.5bp低い1.10%まで低下幅を縮めたものの、午後に入ると再 び水準を切り下げ、3時過ぎには7bp低い1.035%と今月1日以来、 2週間ぶりの低水準を付けた。

日経英語ニュースは、日銀が円売り介入で市場に供給される資金 を吸収しない方針を固め、為替介入と資金を放置する「非不胎化」を 同時に行うと報じた。

日銀の野田忠男審議委員は15日、下関市内で会見し、政府が同日 午前に円売り介入を行ったことについて、「介入資金の活用を視野に入 れながら潤沢に資金供給を行っていくことになるのではないか」とし ながらも、「介入がそのまま当座預金の増加にストレートに結びつくわ けではない」と発言した。

現物市場では、超長期債は大幅高。新発30年債利回りは一時

13.5bp低い1.88%まで低下した。新発20年債利回りも前日終値を大 きく下回った。市場では、民主党代表選で小沢一郎前幹事長が敗北し たことにより、利回り曲線の傾斜化の要因となっていた財政拡大リス クがほぼ消えたとの安心感が出ていた。

東京先物市場で中心限月12月物は、前日比42銭高の141円80 銭で始まった。為替介入後に日経平均株価が急反発すると、いったん 20銭高まで上げ幅を縮小。しかし午後に入って、再び買いが膨らむと 75銭高の142円13銭まで上昇し、中心限月ベースで3日以来の高値 を付けた。結局は74銭高の142円12銭と、この日の高値圏で引けた。

円が15年ぶり高値から急落

東京外国為替市場では政府・日銀による円売り・ドル買い介入の 実施を受け、円が対ドルで約15年3カ月ぶり高値から急反落した。日 本が介入を実施するのは2004年3月以来、6年半ぶり。

ドル・円相場は朝方に1ドル=82円88銭と1995年5月以来の円 高値を更新した後、85円台まで円が急落。欧州時間にかけては85円 台半ばと、日銀が緊急会合を開いて新型オペの拡充を決定した8月30 日以来の円安水準を付けた。

円が対ドルで急落するなか、ユーロ・円相場も1ユーロ=107円 台後半から一時、111円近辺まで円安が進行。これは8月13日以来、 約1カ月ぶりのユーロ高・円安水準となる。

日本経済がバブル崩壊後の低迷と長期デフレに苦しむなか、政 府・日銀は2003年に過去最高となる20兆4000億円相当の円売り介入 を実施。04年第1四半期には14兆8000億円規模の円売りを行った。 この間、円相場は120円から105円台まで上昇。最後の介入が行われ た04年3月16日は109円前後だった。