トヨタ:急加速めぐる訴訟退けるよう米連邦地裁に申し立て

トヨタ自動車は13日、米連邦地裁 に対し、トヨタ車の急加速問題に関連した訴訟を退けるよう申し立て た。こうした訴えは原告側の話に基づくもので、車両の具体的な欠陥 を特定するものではないと主張している。

同社は、トヨタ車が急加速し停止することができなかったとの原 告側の主張に基づく死傷事故や経済的損失をめぐり、連邦・州の裁判 所で集団訴訟を含め300件余りの訴訟を起こされている。

トヨタは、カリフォルニア州サンタアナの連邦地裁に提出した文 書で、「原告は立証されていない状況的な情報に基づく推論でトヨタ側 の過失と厳格な責任を求めている」と指摘した。同連邦地裁はトヨタ の申し立てについての審問を11月19日に予定している。

同社広報担当(東京在勤)の橋本史織氏からのコメントは今のと ころ得られていない。