中国はバブルを回避する必要ある-元中銀貨幣政策委員の樊氏

中国人民銀行(中央銀行)貨幣政策 委員会の元委員、樊綱氏は、中国はバブルや過剰なインフラ投資、銀行 融資の不良化、景気過熱を避ける必要があるとの見解を示した。

同氏は北京での会合で、為替相場調整が米貿易赤字を調整する上で 大きな影響を与えることはないと述べるとともに、米中両国は貿易摩擦 を政治問題化すべきではないと語った。