民主・大久保氏:単独介入は投機筋へのけん制、追加金融緩和も期待

民主党の大久保勉参院財政金融委 員会筆頭理事は15日、政府・日銀が日本単独の為替介入に踏み切っ たのは菅直人首相と野田佳彦財務相が首相の党代表再選に合わせて 円買い・ドル売りを仕掛けてきた投機筋をけん制するためだったとの 見方を明らかにした。介入に歩調を合わせた日銀による追加金融緩和 にも期待感を示した。

大久保氏はブルームバーグ・ニュースのインタビューで、菅氏の 代表再選直後の円高進行について「投機筋が仕掛けた。それに対して けん制した。市場も首相を試したし、それに対して菅首相というか野 田財務相含めてしっかりと対処した」と分析した。

日銀に対しては「為替介入はどの程度、長期的に影響が出るか分 からない。金利を動かすとかいろいろな方法があり、サプライズは演 出していってほしい」と述べ、追加的な金融緩和を促した。

大久保氏は代表選で菅首相と戦った小沢一郎前幹事長を支持し た。小沢氏は円高に対する日本単独での市場介入も辞さない覚悟で臨 むべきだとの考えを主張。14日の臨時党大会での演説では、日本銀 行法の改正やインフレターゲット政策の導入も視野に入れた対応を 訴えるなど、菅首相よりも踏み込んだ表現で、円高対策に取り組む姿 勢を示していた。

今回の政府の決断について大久保氏は「小沢氏に比べて菅首相は 円高、デフレ対策に弱いのではないかという疑念があったが、代表・ 総理として改造内閣をつくるという矢先に実際の行動を起こしたこ とは評価できる」と指摘した。

大久保氏が副座長を務める民主党の財務金融部門会議は16日、 日本銀行や財務省の担当者を呼び、今回の為替介入に関して説明を受 けるという。

-- Editor:Hitoshi Sugimoto, Takeshi Awaji

参考画面: 参考画面:記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net