菅首相、週内に民主党人事・内閣改造へ-幹事長ポストなど焦点

民主党代表に再選された菅直人首 相は15日、今週中に党役員人事・内閣改造を行う方向で党内調整に着 手した。菅政権の「脱小沢路線」の象徴だった枝野幸男幹事長の後任 人事などが焦点だ。首相は15日午前、代表経験者の岡田克也外相、前 原誠司国土交通相と相次いで会談した。

仙谷由人官房長官は15日午前の記者会見で、人事のタイミングに ついて「常識的には今週中に行う」と言明。14日夜に公邸で首相と会 談した際、「スケジュールがこうなったらこうなると、そういうことを 具体的に打ち合わせした」と人事日程について協議したことも明らか にした。

自らの進退について仙谷氏は「どこかの時点で首相以外の人は全 部辞表を出す。そういうことになると思うのでその後のことは、わた しは分からない」と述べるにとどめた。

党役員人事・内閣改造については、政権の要である仙谷官房長官 は留任する一方、参院選敗北の責任がある枝野幹事長は交代させる方 向で調整に入ったと共同通信などは報じている

後任の幹事長として、共同通信は15日、小沢一郎前幹事長に近い 細野豪志幹事長代理、松本剛明衆院議院運営委員長らの名前が取りざ たされていると指摘した。読売新聞(電子版)は同日、枝野氏の後任 には、川端達夫文部科学相の起用が浮上していると報じた。一方、朝 日新聞(電子版)は、野田佳彦財務相は留任の方向だ、と伝えた。

首相は14日、代表再選後の会見で、人事について「現時点ではま ったくの白紙だ。あすにも代表経験者など主だった人と会って、いろ んな意見を聞かせてもらった上で、それからのことは考えたい」と述 べるにとどめた。首相はニューヨークでの国連総会に出席するため、 21日ごろに日本を出発する方向で調整していることも明らかにしてお り、人事日程については15日の代表経験者らとの会談後に「しっかり と方向性を出していきたい」と語った。

-- Editor:Hitoshi Sugimoto, Takeshi Awaji

参考画面: 参考画面:記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史  Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net