豪ドルとNZドル:円に対して上昇-日本が円売り介入実施

15日の外国為替市場で、オ ーストラリア・ドルとニュージーランド(NZ)ドルは円に対して 2週間ぶりの大幅上昇となった。日本政府・日銀が輸出業者を守る ため円売り・米ドル買い介入を実施したことに反応した。

円・米ドル相場がこの日、一時15年ぶりの円高水準を付けた後、 野田佳彦財務相は為替介入を実施したことを明らかにした。豪ドル は円に対し、7週間ぶりの高値を付けた。

カスタム・ハウス・グローバル・フォーリン・エクスチェンジ の為替責任者、ティモシー・コナーズ氏(シドニー在勤)は「短期 的に予想されるのは、今回の介入に支えられて豪ドルが対円で上昇 することだ」と指摘する一方で、「この介入がどの程度継続するか で、米ドルの一段の下落という全体的な傾向への短期的な影響にと どまる可能性もある」と予想した。

豪ドルはシドニー時間午後1時1分(日本時間午後零時1分) 現在、円に対して前日比1.5%高の1豪ドル=79円20銭と、1日 以来の大幅な上げとなった。一時、79円34銭と、7月27日以降 の高値を付けた。米ドルに対しては1豪ドル=0.9372米ドルと、 前日の0.9397米ドルから下げた。

NZドルは対円で、1.4%高の61円80銭。米ドルに対して は、1NZドル=0.7318米ドルと、前日の0.7343米ドルから下 落した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE