ガソリン:欧米間の海運需要が減少-米在庫増で利ざや1年ぶり低水準

欧州のガソリンを大西洋を通過し て米国に運搬するタンカーの用船数が8月に減少した。輸送による利ざ やが1年ぶりの低水準に落ち込んでいるためだ。

ブルームバーグとクラークソン・リサーチ・サービシズが集計した データによると、欧州-米大西洋岸間の8月の用船数は21隻で、7月 の24隻、6月の30隻から減少した。米エネルギー省が発表した9月 3日終了週の米ガソリン在庫は5年間平均を15%上回った。

ローレンツェン・アンド・ステモコのアナリスト、トーマス・ツウ ィック氏(オスロ在勤)は「米国の在庫が減少するまで、海運需要はあ まりないだろう。米国まで大西洋を越えてガソリンを運ぶ必要はない し、2つの市場で裁定取引は働かない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のガソリン先物は14日、 1ガロン当たり1.97ドルで引けた。これは欧州のアムステルダム・ロ ッテルダム・アントワープ市場のガソリン(オクタン価95)の価格を

1.92セント下回った。価格差は8日以降マイナスで推移している。8 月はプラス10.25セント、7月は同18.09セントだった。