政府・日銀、6年半ぶり円売りドル買い介入-15年ぶり円高で

政府と日本銀行は15日午前、15 年ぶりの円高を受け、円売り・ドル買い介入に踏み切った。為替市場 ではドル売りが進み、一時1ドル=82円88銭と1995年5月以来の円 高値を付けたことから、輸出企業を中心に企業収益を圧迫し、持ち直 しつつある日本経済に深刻な打撃を与えかねないと判断した。市場介 入は2004年3月16日以来、6年半ぶり。

野田佳彦財務相は同日午前、財務省内で緊急会見し、「為替相場 の過度な変動を抑制するため、為替介入を実施した」と述べるととも に、「わが国の経済はデフレが進行し、依然として厳しい経済情勢に ある中で、このような足元の動きは経済、金融の安定に悪影響を及ぼ し、看過できない問題だ」と、介入に踏み切った理由を説明した。介 入は日本単独で実施した。

財務相によると、午前10時35分には為替介入した。だたし、介 入の規模は明らかにしなかった。介入を受けた円の対ドル相場は急落 し、同日午後零時24分現在は1ドル=84円85銭で推移している。

米国などと事前にやり取り

また、野田財務相は「引き続き、為替市場の動向を注意しながら 必要な時には介入も含めて断固たる措置を取っていきたい」と言明。 菅直人首相には、同日午前に介入の実施を事前報告したという。また、 「必要な関係各国との緊密な連携は取っている」と述べ、為替介入実 施に向けて米国など関係各国とやり取りしたことを明らかにした。

財務相は14日午前の閣議後会見でも、為替相場が一時1ドル=83 円前半と高値水準で推移していたことを受けて「必要な時には為替介 入を含む断固たる措置を取る」との姿勢を示していた。

為替市場では、前日行われた民主党代表選で、為替介入により積 極的と目されていた小沢一郎前幹事長が、現職の菅首相に敗北したこ とを受けて円高がさらに加速、同日の海外市場で一時、同82円台に突 入していた。

明治安田生命保険の小玉祐一チーフエコノミストは「菅首相が再 選されたことで、市場介入の可能性がやや遠のいたとの安心感が市場 に広がりかけていた矢先の行動であり、市場には一定のサプライズを 与える効果はあった」とコメントした。

日銀総裁談話

政府・日銀はこれまで、足元の円高が欧州経済の先行き不透明感 や米国景気の回復の遅れなど主に海外要因にあると指摘してきた。さ らに、米連邦準備制度理事会(FRB)による「出口戦略」の後退観 測から低金利が続くとの見方が多く、円にシフトしていた資金の流れ を日本単独の為替介入で阻止できるかどうかは不透明な情勢だ。

仙谷由人官房長官は15日午前の定例会見で、1ドル=82円が防 衛ラインかとの質問に対し、「財務相のところでそのようにお考えにな ったのではないかと思う」と語った。

一方、日銀の白川方明総裁は15日午前、為替介入を受け、「為 替相場の安定的な形成に寄与することを強く期待する」との談話を 発表、「強力な金融緩和を推進する中で、今後とも金融市場に潤沢な 資金供給を行っていく」との方針を示した。

--共同取材 広川高史、伊藤辰雄, Editor:Norihiko Kosaka, Hitoshi Ozawa

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 下土井京子 Kyoko Shimodoi +81-3-3201-3142 kshimodoi@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Chris Anstey +81-3-3201-7553   canstey@bloomberg.net