菅首相続投は日本経済にとってマイナス-マッコーリー証のジェラム氏

民主党代表選挙で小沢一郎元幹事 長を破って再選された菅直人首相について、マッコーリー証券のチー フ・エコノミスト、リチャード・ジェラム氏は、円高対策が不十分な 同首相の続投は、日本経済に寄与しないとの見方を示した。

ジェラム氏は、菅首相はデフレを容認する姿勢を見せているほか、 成長に向けた構造計画も不十分なため、同首相の再任は今後の景気に とってマイナスと述べた。同氏は、TOPIXについては980との予 想を維持するほか、ドル・円相場については年末に1ドル=90円にな るとの予想を示した。

ジェラム氏は14日の電話インタビューで、「菅氏の経済政策はど ちらかといえば良くない」と指摘。「今後も小沢氏はある程度の影響力 は与えられるだろうから、そういった点ではそれほど悪いことではな いが、小沢氏が勝ったほうが経済政策の方向性という面では良かった」 と述べた。