円が対ドルで15年ぶり高値から急反落、83円90銭近辺-介入と共同報道

東京外国為替市場では、円が対ドル で一時約15年ぶりの高値となる1ドル=82円88銭まで上昇した後、83 円90銭近くまで急反落している。共同通信は、市場筋の話として、政 府・日銀が為替介入を実施したと報じた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE